背中ニキビを防ぐためのスキンケアで保湿

背中のニキビの保湿ケアをお届けします

背中のニキビ予防

背中のニキビはいやなものです。作らないようにするには、どうしたらよいでしょうか。それには、お風呂での洗い方を工夫することが大事です。ポイントは、シャンプーリンスの仕方になります。

シャンプー洗い流したつもりでも、シャンプーやリンスが背名に残ってしまうということがあります。それがニキビの原因になってしまう事が多いので、その洗い残しを防ぐようにしましょう。それにはコツがあるのです。髪を前から垂らした状態で洗います。今まで、後ろに垂らしていたと言う人はこの点に気を付けてみると良いです。できるだけ、前に垂らした状態で洗ってリンスやすすぎをします。こうすることで、シャンプーの泡、リンスを含んだ髪が肩や背中にかからないので、毛穴にシャンプーリンスの成分が残留することを防ぎ、洗い残しも防げるのです。洗い終わったら、髪の長い人は髪を止めておくと洗いやすいですし、体に石鹸を残すことを防げます。次に、洗う順番も大事です。まずは頭髪、次に顔、体と続きます。その理由は、先に頭髪を洗ってしまうと、ずっと洗い流せるので、シャンプー、リンスの成分が残ることを防げます。入浴後は顔同様に化粧水等で保湿に努めましょう

このようなお風呂の入り方で背中のニキビの予防、治療に繋がりますので、お試しください。

Previous