背中ニキビを防ぐためのスキンケアで保湿

背中のニキビの保湿ケアをお届けします

背中のスキンケア

背中にニキビが出来てしまう場合があります。見えないところといえども、気になるものです。このようなニキビを防ぐためのスキンケアはどのようなものがあるのでしょうか。

タオルを巻いた女性まずは、背中ニキビの原因をさぐってみましょう。まず、考えられるのは過剰な皮脂です。背中は顔の次に皮脂腺が多いところになります。皮膚が厚いので、汗をかきやすく、毛穴も詰まりやすいので、ニキビができてしまうのです。次に、摩擦による肌への負担があります。つい、お風呂の際、ナイロンのタオル等でごしごし洗ってしまうと肌に負担が掛かり、ニキビの原因になるのです。そして、洗った時のすすぎ残しです。石鹸、シャンプーリンスのすすぎ残しが肌への負担となり、ニキビになります。それから、ホルモンバランスの乱れです。ストレスや睡眠不足、生理等でホルモンバランスが乱れることが肌の負担となり、ニキビができるのです。

こういったことが原因の背中のニキビですが、スキンケアで改善できます。綿素材のタオルで優しく洗う、お風呂で過剰な皮脂を洗い流す、すすぎ残しがないようにシャンプーやリンスは体を洗う前に行う、ビタミン群をとりいれたバランスの良い食事をとるといったことです。そして、保湿成分が配合されたローションを使うの良い方法。ヒアルロン酸やアルギニンを廃合したローションは体の中で皮脂腺の多い背中のお手いれにぴったりでしょう。このような保湿線分が背中のスキンケアには欠かせないのです。

当サイトは背中のニキビの保湿ケアをお届けしますので、ご参考になさってください。

Next